スバルXVのデザインについての感想 悪路走破性は伊達じゃない!

今回はスバルXVについて書きます。

スバルXVは元々インプレッサXVとして登場しました。

当時は外観がインプレッサと若干異なるだけでしたが二代目からは外見だけでなく最低地上高を上げる等で悪路走破性を向上させてきました。

また、スバル独自のハイブリッド方式でのモデルもラインナップに加えており、力が入っていました。

今年発売された三代目は社名変更後初の新型車であり、二代目同様力の入った力作になっています。

特筆すべき点は悪路走破性を向上する為にXモードまで装備してきたところです。

Xモードはフォレスターに採用されており、そんじょそこらのSUVでは到底太刀打ちできないような悪路でも難なく走ることができます。

ではそのデザインについて見ていきましょう。

デザイン

デザインはフロント、リア、サイドともベースはインプレッサとおなじです。

これにSUVらしいボリューム感を出す加飾がされています。

最低地上高は200mmとインプレッサより70㎜高くなっており、乗降性は良くなっています。

インテリア

内装もほとんどインプレッサと同じです。良い点も気になる点も踏襲しています。

XVのほうが全幅が25mm広くなっているのでその分後部座席は余裕があります。

その他

安全装備もインプレッサと同じアイサイトVer.3です。

走りについては試乗できていませんが車雑誌によるとXVのほうがインプレッサより遅く出てきている分、良くなっているようです。

特に1600ccではインプレッサの場合、ややパワー不足と言われていましたが、XVの1600ccではほとんどパワー不足は感じないとのことです。

インプレッサに比べて車体が大きく、車重も重くなっているのに驚きです。

オンロードの性能はインプレッサと互角でかつ悪路走破性が上ならXVの方を選びたくなります。

車両価格はその分高くなりますが、コスパで見るとやっぱりXVのほうがお得です。

ジーボがSUVの候補にするかというとちょっと迷います。

正直これまでシティ派SUVだと思っていましたので選ばないと思っていたのですが、今回改めてXモードが装備されているとわかって、選んでもいいかなと思い始めました。

走りのほうも評論家からスバルの旗艦アウトバックよりいいと絶賛されているので買いかなと感じています。

どうせ買うならやっぱり余裕のある2000ccにしたいですね。

主要諸元

全長 4465mm 全幅 1800mm 全高 1550mm

燃費JC08 16.4Km/l

価格 214万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。