ホンダ ヴェゼルのデザインについての感想 街乗りなら死角なし?燃費はどう?

今回はホンダのSUV ヴェゼルについて書きます。

フロントデザイン

ヴェゼルはフィットをベースとしたSUVのためかフロントデザインはフィットによく似ています。

ただ、全幅が広くなっているせいか全体のバランスがフィットより良く、カッコよく見えます。

サイドデザイン

サイドには変わった形状でラインができており、下にもう一つラインが入っています。

201801281323

どちらもないほうがスッキリ見えて良いと思います。

後部ドアは最近はやりの取っ手が窓際にあるものです。

使い勝手が良くありません。

右手で開けても左手で開けても開けにくいです。

後部の窓は後ろにいくにつれて細くなっており、乗車、降車の時に頭をぶつけそうです。

燃費を稼ぐために空気抵抗を減らす手段として後ろをしぼったのでしょうが、後部座席に座る人に負担を強いるのであまり好きになれません。

リアデザイン

リアのデザインはランプは大きく見やすいし、開口部は下ギリギリまで広げられているのでとても良いです。

ガラス面はもっと広くしてほしかったです。

ここも後ろを縛った影響が出ています。

全体的に見ればカタマリ感があって良い感じですが。。。

インテリア

インテリアはダッシュボードが結構広いのにAピラーがないのはとても良いです。

見晴らしもよく、左手前方向の死角も少なくなっています。

インパネは質感も高く、使い勝手も良く考えられています。

ナビ、エアコンのスイッチは中央に配置されていますが、少しだけ運転席側に向けてあり、とても使いやすそうでした。

メーター類はハンドル上半分から見えるオーソドックスなタイプですが見やすくできています。

後部座席は広くゆったり座れる感じです。

ただ、ガラスが絞られているため、若干圧迫感があります。

室内の広さが圧迫感をカバーしているような感じでしょうか。

その他

安全装備はホンダセンシングで人も検知できる自動ブレーキが選べるのは助かります。

燃費は最高26km/lで良いと思います。

走りのほうはハイブリッドに試乗したのですが、加速は十分で満足のいくものでした。

ただ、試乗中ほとんどの間エンジンがかかりっぱなしだったのが残念でした。

ジーボの走り方ではあまり燃費は期待できないですね。

運転は大きさを感じず、運転しやすいイメージでした。

ロールは少し大きめに感じました。

また、小さなデコボコはうまく処理できていました。

こうしてみるとあまり大きな欠点は見つかりませんね。

試乗して気にいれば買って損はないと思います。

これは街乗りでの話です。

悪路走破性を期待するなら別の車を選ぶべきです。

ホンダは昔からシティ派SUVしか出していませんから。

主要諸元

全長 4305mm 全幅 1790mm 全高 1605mm

燃費JC08 27.0Km/l(ハイブリッド)

価格 192万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。