トヨタ シエンタのデザインについての感想 奇抜なデザイン!でも売れてます。フリードより軽快感あり。

前回はホンダフリードについて書いてみたので、今回はそのライバルにあたるトヨタシエンタについて書こうと思います。

201801211537

シエンタはフリードのほぼ1年前の2015年7月に二代目が発売されました。

フリードと違ってデザインは大幅に変わっています。

初めて見た感想は「な、なんだっこれは?」でした。

とても奇抜で今までにないデザイン。

好き嫌いがはっきりと分かれるデザインだと思います。

個人的には好きにはなれないデザインですが、最近は見慣れてきました。

フロントデザイン

201801211536

フロントの下側からライトまで伸び上がるラインはまるであごひげが耳まで伸びているように見えます。

リアデザイン

リア側も同じように下からバックライトまでせり上がっています。

201801211537

このデザインではあまり売れないだろうと思っていましたが、意外と町でよく見かけます。

発売が二代目フリードの1年前ということでモデル末期の初代フリードとの競合でも負けなかったようですね。

作戦勝ちといったところでしょうか。

インテリア

室内を見てみると、メータ系はハンドル上部に配置されており、見やすいようです。

スイッチ類も運転席側にまとまっていて良さそうです。

エアコンのスイッチはやや遠いですが、フリードよりは良い感じです。

かなり小さいAピラーが存在し、左斜め前は見にくいと思います。

後部座席ですが、三列目シートは座面が薄く長時間乗車はつらいと思います。

三列目シートは床下収納するためにどうしても座面は薄くならざるを得ないです。

これはステップワゴンやオデッセイでも同じことが言えます。

収納するために座り心地が犠牲になってしまいます。

ここは好きになれません。

その他

走りについては車雑誌では良い評価がされています。

ジーボは試乗していないので何とも言えないのですが、7人フル乗車だとフリード同様パワー不足と言われています。

マイチェンでCH-Rに載っている1.2リッターターボのシエンタを出してほしいところです。

燃費はハイブリッドで27.2km/lで若干フリードよりは良いようです。

ただ安全装備で差が付きます。

トヨタセーフティセンスCの自動ブレーキは歩行者に対応できていないからです。

ダイハツもスバルも対人自動ブレーキを付けているのにトヨタは高価な車にしか対応しておらず、遅れています。

対人自動ブレーキが付かないと購入対象にしにくいので早く対応してほしいと思います。

主要諸元

全長 4235mm 全幅 1695mm 全高 1675mm

燃費JC08 27.2km/l(ハイブリット)

価格 169万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。