ホンダエリシオンからニッサンセレナへ乗り換えました。乗り換え後のセレナの感想。

昨年の12月にホンダ エリシオンからニッサン セレナに乗り換えました。エリシオンは走行距離248000㎞まで走りました。本当は2020年の初売りで決めるつもりだったのですが、セルモータの故障が発生した後、次のトラブルを恐れて、即クルマ選びに着手しました。

今年注目の1台!水面を移動できるクルマ!?

株式会社FOMMというベンチャー企業をご存知でしょうか?FOMMとはFirst One mile Mobilityの略で近距離移動に最適なモビリティとその移動をサポートするインフラシステムを開発する会社です。この会社が4人乗りの超小型EV”FOMM One”の量産を2019年3月より開始しています。

ホンダセンシングは新型フィットから第三世代へ

新型フィットからホンダセンシングは第三世代に入ります。画像認識はモービルアイ製のチップを使い、ボッシュ製から変更するようです。なぜサプライヤーを変更することになったのでしょうか?その理由はホンダとボッシュの関係に修復できないヒビが入ったためといわれています。

ホンダ「N-WGN」のデザインについての感想。シンプルデザインが潔い。

今回は7月18日に発表された2代目N-WGNのデザインについて書きます。2代目N-WGNはシンプルなデザインが印象的なクルマである他に、全グレードで最新バージョンのホンダセンシングが標準装備され、夜間歩行者の検知能力の向上や横断自転車にも対応した自動ブレーキになるなど安全装備も充実しています。