やっぱりちょうどいいか?シエンタよりミニバンに近い ホンダ フリードについての感想

今回はホンダフリードを取り上げようと思います。昨年の9月に発売したフリードは2代目となります、初代は「ちょうどいい」をスローガンにしてかなり売れた車でした。二代目はどうでしょうか?デザイン的には初代とほとんど変わりません。キープコンセプトというやつです。フロント部分は可もなく不可もなくまとまった印象です。

個人的にはHマークの左右に伸びている透明のプラ板みたいなところが好きではありません。現在ホンダのほとんどの車種でこのデザインが取り入れられていますが、どうもよくありません。フリードはまだまとまっていてなんとか見られるレベルですが、ステップワゴンなどは見るに堪えません。このデザインは早くやめてほしいと思います。

バック部分はデザインが変わり、ランプ部分が初代より大きくなり、視認性が良くなり、見やすくなりました。

室内はどうでしょうか?初代では二段式のインパネでしたが、二代目はフラットな形になりました。メーター系はダッシュボードの奥にデジタルメーターで配置されていて見やすそうです。操作スイッチはほとんどが運転席周りに集まっていますが、エアコン操作は運転席から遠く、運転中は操作しづらいように思えます。Aピラーは、先代よりもガラス面が大きくなっていて、視認性はよくなっているとは思います。(個人的にはAピラーが無いほうがもっと良いけど…)

安全装備に目を移すとホンダセンシング付きモデルが用意されています。本当は全車標準が良いのですが、それはマイナーチェンジの時でしょうか。ホンダセンシングは歩行者に対しても反応し、対応してくれるので心強いです。

走りのほうは、試乗でセールスさんと二人で乗っただけですが、スムーズな動きで特に違和感なく運転できました。ただし、車雑誌の情報によれば、7人フル乗車だと1500ccではやはり力不足のようです。マイナーチェンジの時にステップワゴンで使っているターボエンジンが搭載されるとパワー不足が解消されると思うのでぜひ搭載してほしいです。そうなればジーボの購入対象になると思います。値段はハイブリッドと同じくらいか少し安めでお願いします。ホンダさん。