タラレバ男がコンパクトカーを選ぶなら、ヴィッツ?アクア?それともフィット?

5月15日のブログより

 コンパクトカーを選ぶなら何にするかを考えました。独断と偏見で選びますので異論のあるかたはご容赦願います。

 まず、コンパクトカーの定義について示しておきます。ジーボの思うコンパクトカーは5ナンバーサイズといわれる車の全幅が1700mm未満の車を言います。この規格から外れるものはコンパクトカーとは言わないことにします。最近車の幅がどんどん大きくなってきています。日本の道路はまだまだ狭い道が多いのに、こんなに幅を広げてどうすんだ!!と運転の下手くそなジーボは声を大にして言いたいです。(;^_^A

 話を戻します。コンパクトカーを選ぶ場合の条件として3つ上げました。1つ目は燃費が良いこと。2つ目は運転しやすいこと。3つ目は今はやりの自動ブレーキがついていることです。この条件に合う車を国産メーカから選ぶと、トヨタはヴィッツ、アクア、日産はノート、ホンダはフィット、マツダはデミオ、スズキはスイフトとなります。ほかの車種もあげようと思えばあげられますが、ジーボが乗ってもいいなと思えるのはこれくらいです。因みにスバルと三菱は乗りたいコンパクトカーがありません。

 上記で上げた車種はデミオ以外はハイブリッドです。(スイフトはマイルドハイブリッド)燃費の面ではデミオは若干劣りますが、ディーゼルを選べば燃料単価が10円ほど安くなるので燃料コストとしてはいい勝負ができると思います。次に運転のしやすさですが、これはジーボの運転した感覚で決めますので他の人なら違う結果になると思います。ジーボはデミオが一番運転しやすく、ノートが一番運転しにくかったです。ノートは死角となる部分が多く、その分運転しにくく感じました。デミオは昔の車の感覚に近い感じだったのが運転がしやすく感じた理由かもしれません。3番目の自動ブレーキに関しては各車ともオプションまたは標準で装備されていますが、性能的にマツダのシステムが優秀なのでここでもデミオが一番良いということになります。

 コストパフォーマンスでいうとたぶん、アクアやフィットが良いのでしょうが、どちらも多くの人が乗っているのでちょっと敬遠したいです。ヴィッツのハイブリッドには興味があるのですが、自動ブレーキの点でデミオのほうが良いのでやっぱりデミオですね。価格はクリーンディーゼルで180万くらいですから、ハイブリッドの他車と同じくらいです。ガソリンだと140万くらいからなので、ホントに買う場合はガソリン車にするかもしれません。

 追記:これはあくまでも現時点での選択なので1年後には別の結果になっているかもしれません。